ホーム > ダウンロードSRZシリーズ特集 > Zeal2 Z-COM用PLCレジスタマッピングソフト
ブルーライン

Z-COM用PLCレジスタマッピングソフト Zeal2の概要について

Zeal2は、モジュールタイプ温度調節計 SRZシリーズ通信拡張モジュールZ-COM用のプログラマブルロジックコントローラ(PLC)レジスタをマッピングするためのソフトウェアです。
Z-COM用PLCレジスタマッピングソフト Zealの概要説明図
プログラムレスPLC通信(MAPMAN)は、PLCのデータレジストリを使用した通信のため複雑なプログラムを必要とせずにPLCと温度調節計が通信出来る手法として好評を頂いています。
レジスタマッピングソフトZeal2を用いれば、Z-COMとPLCとの通信項目を容易に編集することが可能でPLCのデータレジスリを効率的に使う事ができます。
ブルーライン
お問い合わせは、こちら
ブルーライン

特長

レジスタマッピングソフト Zeal

「ようこそ」画面で楽々スタート!

Z-COM用PLCレジスタマッピングソフト『Zeal2』を起動すると、下記の「ようこそ」画面が起動します。
新たにPLCレジスタマッピングをする際、新規プロジェクトから作成する他に、デフォルトのプロジェクトを基に不要な項目を削除しながら作成するなど利便性の高いツールになっています。
Z-COM用PLCレジスタマッピングソフトZealのようこそ画面
戻る

各通信項目は、カスタマイズ可能。

項目の編集機能を用いれば、ユーザ独自の項目名を設定する事が可能です。
コメントを入れたり、文字色、背景色を変えたりする事で識別管理が明確化でき、とても便利です。
各通信項目は、カスタマイズ可能
戻る

解りやすい通信モード属性。

通信モード(属性)

通信コマンド

処理内容

処理回数

動作の説明

コマンド
モード0

設定要求ビット
(通信後クリア)

PLCの値をSRZに書き込む

1回

設定要求ビットが 『"1"』 になった時に設定通信を行ない、通信後に要求ビットをクリアする

モニタ要求ビット
(通信後クリア)

SRZの値をPLCに書き込む

1回

モニタ要求ビットが 『"1"』 になった時にモニタ通信を行ない、通信後に要求ビットをクリアする

コマンド
モード1

設定要求ビット
(通信後クリア)

PLCの値をSRZに書き込む

1回

設定要求ビットが 『"1"』 になった時に設定通信を行ない、通信後に要求ビットをクリアする

モニタ要求ビット
(通信後保持)

SRZの値をPLCに書き込む

連続

モニタ要求ビットが 『"1"』 の時にモニタ通信を行なう
( 通信後に要求ビットをクリアしない )

コマンド
モード2

設定要求ビット
(通信後保持)

PLCの値をSRZに書き込む

連続

設定要求ビットが 『"1"』 の時に設定通信を行なう
( 通信後に要求ビットをクリアしない )

モニタ要求ビット
(通信後クリア)

SRZの値をPLCに書き込む

1回

モニタ要求ビットが 『"1"』 になった時にモニタ通信を行ない、通信後に要求ビットをクリアする

コマンド
モード3

設定要求ビット
(通信後保持)

PLCの値をSRZに書き込む

連続

設定要求ビットが 『"1"』 の時に設定通信を行なう
( 通信後に要求ビットをクリアしない )

モニタ要求ビット
(通信後保持)

SRZの値をPLCに書き込む

連続

モニタ要求ビットが 『"1"』 の時にモニタ通信を行なう
( 通信後に要求ビットをクリアしない )

設定通信
モード

値に無関係

PLCの値をSRZに書き込む

連続

要求ビットの値と無関係に設定通信を繰り返し実施

モニタ通信
モード

値に無関係

SRZの値をPLCに書き込む

連続

要求ビットの値と無関係にモニタ通信を繰り返し実施
戻る

ダウンロード時にレジスタの重複をチェック。

レジスタマップの編集完了後、Z-COM にデータをダウンロードした際、内部的にレジスタマップとシステムデータレジスタ や通信状態レジスタ、要求ビット設定のレジスタ の重複検知が行なわれます。
仮に重複していた場合、エラーメッセージが出たあと、「全レジスタマップ一覧」 ウィンドウが出てきます。下図は、システムデータレジスタの範囲を D00100 にした場合の 「全レジスタマップ一覧」 ウィンドウの表示です。( D00100 は レジスタマップ上で 別のデータに割り当てられているので、その部分が 「重複!」 と表示されています。)
ダウンロード時にレジスタの重複をチェックした際の全レジスタマップ一覧
戻る

割り付けたデータマップを「html」にて出力可能。

割り付けたデータマップをプロジェクトとして保存する事が出来るのは当然ですが、割り付けたデータを資料としてワープロソフトや表計算ソフトなどで二次利用したり印刷したいと言うニーズに応え、汎用性の高い「html」形式にてエクスポートする事が可能です。
sample_zeal.htm は、こちら
戻る
ブルーライン

動作環境について

必要となるPC環境について
OS ※1 Windows 7、Windows 8.1、Windows 10
メモリ 512MB 以上の搭載メモリ容量を推奨
HDD 20MB 以上の空き容量
画面解像度 横 1024 ピクセル × 縦 768 ピクセル以上の解像度 を 推奨

必要となる 弊社製計器
1.SRZシリーズ Z-COM モジュール、および SRZ の各機能モジュール
  (Z-TIO-A/B, Z-DIO, Z-CT等)
2.通信変換器 COM-K2

対応プログラマブルロジックコントローラ(PLC)について
三菱電機株式会社 MELSEC シリーズ
 計算機リンクユニット:
   AJ71UC24、A1SJ71UC24-R4、A1SJ71C24-R4
   など AnA/AnU CPU 共通コマンド (形式4) が使用できるユニット

 シリアルコミュニケーションユニット:
   AJ71QC24N、A1SJ71QC24N、QJ71C24
   など AnA/AnU CPU 共通コマンド (形式4) が使用できるユニット

 特殊アダプタ:
   FX2NC-485ADP、FX0N-485ADP、FX3U-485ADP

 拡張機能ボード:
   FX2N-485BD、FX3U-485-BD
オムロン株式会社 SYSMAC シリーズ
 上位リンクユニット:
   C200H-LK202-V1、C500-LK203、C120-LK202-V1
   (SYSMAC C シリーズ) など

 CPU ユニット内蔵のコミュニケーションポート:
   SYSMAC CS1 シリーズのCPU ユニット
   SYSMAC CJ1 シリーズのCPU ユニット

 シリアルコミュニケーションボード:
   CS1W-SCB41 (SYSMAC CS1 シリーズ)、CJ1W-SCU41
    (SYSMAC CJ1 シリーズ) など
横河電機株式会社 FA-M3R シリーズ
 パソコンリンクモジュール
   F3LC11-2F、F3LC11-2N

接続ケーブル:参考
1.ローダ通信ケーブル(Z-COM ←→COM-K2) [COM-K2-1に付属:W-BV-01-1500]
2.PLC通信ケーブル(PLC←→Z-COM)[モジュラー←→Yラグ 3m:W-BF-01-3000] ※2
3.汎用USBケーブル(PC←→COM-K) [A←→Mini-B]
1 OS名は、マイクロソフト株式会社の登録商標です。
2 PLC通信ケーブルは、ご使用になるPLCに合わせてお客様にてご準備願います。
実際のご使用に関しては、モジュールタイプ温度調節計SRZシリーズ,Z-COMモジュールの取扱説明書を必ずご参照の程、お願い申し上げます。
ブルーライン
更新履歴
バージョン Web公開日 主な変更内容
Ver.1.0.0 2018/05/18 Web初公開

"Zeal2" 最新バージョン Ver. 1.0.0
(2018年 5月18日 Web公開)

旧バージョンをお使いの場合は、必ずアンインストールを行なった後にインストールをしてください。アンインストールの方法については、付属の ReadmeJapanese.txt をご参照願います。)
ブルーライン
ダウンロードは、Club RKCへ 理化工業のダウンロードサイト Club RKC
ライン
会社概要 What's New! プレスリリース 製品特集 製品案内 温度制御の手引き 用語の便利帳 展示会情報
ホームページ
求人情報 カタログ請求 資材調達 技術解説 ダウンロード English Page 中文カタログ リンク サイトマップ
ライン
戻る 理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.