背圧式レベルスイッチ
背圧式レベル計 LT1
チューブ1本で液面レベルの警報ポイント検出が可能

高い信頼性

センサ部に半導体式背圧センサを採用。
機械的駆動部の無いシンプルな構造により、高い信頼性と再現性を実現しました。

調整不要
チューブ先端が警報検出ポイントとなります。
液面がチューブ先端に到達すると本体より警報出力を行います。
チューブ長を任意の長さに設定すれば、準備完了です。
また、本体にオリフィスを内蔵。20±1kPaのガスを供給するだけで、自動的に本体の規定パージ流量となります。
背圧式レベルスイッチ LT1 製品写真

背圧式レベルスイッチ LT1
(1点デジタル出力)


半導体製造装置(ウェットステーション)薬液のレベル管理に
半導体製造装置(ウェットステーション)
背圧式レベルスイッチ LT1 測定例の図

仕様 外形寸法 外観 動作原理

型 名
単体型(連結なし)
型 名 内  容
LT1-ANN 1点背圧式レベルスイッチ、励磁警報
LT1-BNN 1点背圧式レベルスイッチ、非励磁警報

連結型(本体+ブラケット組込)
型 名 内 容
 LT1M-1-□ 1点背圧式レベルスイッチ(ブラケット取付出荷)
 LT1M-2-□□ 1点背圧式レベルスイッチ、2台連結
 LT1M-3-□□□ 1点背圧式レベルスイッチ、3台連結
 LT1M-4-□□□□ 1点背圧式レベルスイッチ、4台連結
 LT1M-5-□□□□□ 1点背圧式レベルスイッチ、5台連結
□は、LT1の出力方式の選択になります。
A リレー出力 励磁タイプ
B リレー出力 非励磁タイプ


PDFファイルカタログダウンロード
カタログダウンロード
会社概要 What's New! プレスリリース 製品特集 製品案内 温度制御の手引き 用語の便利帳 展示会情報
ホームページ
求人情報 カタログ請求 資材調達 技術解説 ダウンロード English Page 中文カタログ リンク サイトマップ
ライン
理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.
仕様へ