RKC 理化工業株式会社 プロセス/温度計測・制御機器 プロセス/温度センサ 青丸マーク お問い合わせ 青丸マーク サイトマップ
ホームページ 会社概要 製品情報 ダウンロード リクルート Shop RKC


先輩からのメッセージ
西日本営業部所属の福原氏     2014年入社
福原 直 西日本営業部所属
仕事内容
主にお客様からの技術的な問い合わせの電話対応を行っています。
私はまだ2年目ということでお客様から頂いた問い合わせの対応を通して、日々勉強をしています。
仕事のやりがい
お客様が何を知りたいのか、どうしたいのかを考え、お客様の求めている回答ができた時に、直接、お客様から「ありがとう」と言っていただけることが一番のやりがいです。
この会社を選んだ理由
会社説明会で「直販営業」の話を先輩社員から聞き、自分のやりたい仕事ができると感じたからです。
様々な部署の方に気軽に質問できる環境がうちの会社の魅力だと感じます。
製造部所属の田仲氏     2014年入社
田仲 弘明 製造部所属
仕事内容
製造ラインの改善業務を主に担当しています。ライン改善によるコスト削減を重要視しています。
仕事のやりがい
現場の作業者と協力して改善を行うことで、仲を深めることができたり、思いもよらないアイデアが浮かんだりします。
自分の仕事が誰かの役に立ったと実感できる時が、この仕事で一番うれしく感じることです。
この会社を選んだ理由
私がこの会社に決めた一番の理由は会社の雰囲気に惹かれたからです。
会社説明会に参加した時、会社の方の人当たりがよく、直感で良いなと感じました。
開発設計部所属の福永氏     2013年入社
福永 知嘉 開発設計部所属
会社の印象
製品の品質向上や開発効率アップなど、より良い製品づくりのために
全社員が一丸となって協力できる会社です。
仕事のやりがい
少数精鋭といった感じで、新人のうちでも頑張ればどんどん仕事が回ってきます。
学生時代にやっていて良かったこと
電気回路や、情報処理関連の基礎知識については、勉強しておくと役に立ちます。 あと、お酒は多少飲めるほうが楽しいかもしれません。
要素技術開発部所属の清水氏     2013年入社
清水 晶平 要素技術開発部所属
会社の印象
自分の熱意次第で新しい事に挑戦できる会社だと思います。
仕事のやりがい
チーム全員で試行錯誤しながら1つの製品を作り上げていくことです。
学生時代にやっていて良かったこと
電気一般と基礎的な数学の勉強です。しかし大学での勉強だけでなく、仕事していくうちに学んでいる事も非常に多いです。
営業部所属の森氏 2009年入社
森 敦史 営業部所属
何でこの会社をえらんだのか?
私が所属していたゼミの教授からの紹介で理化工業のことを知りました。
私は情報工学科出身で電気のことは詳しくありませんでしたが、色々と調べていく中で無借金の安定した業務体系や温度調節計のトップメーカーであるというところに魅力を感じ、入社することを決めました。
開発設計部所属の細田氏 2008年入社
細田 祐己 開発設計部所属
仕事内容について
理化工業の得意とする分野はカスタム製品です。カスタム製品とは、理化工業のホームページやカタログに掲載されない、お客様一社のみに対する専用の製品だと考えて下さい。お客様の必要とする機能のみ搭載する事により、性能特化やコストダウンなどが提案できます。
私の所属する設計二課がカスタム製品を主に設計開発する課となります。お客様のご要望を実現するために日々開発業務を行っています。
開発設計部所属の安達氏 2010年入社
安達 峻彦 開発設計部所属
社会人になって変わった事は?
人との繋がりを持つことの大切さというのを今まで以上に強く感じますね。
社内での人との繋がりは勿論のこと大切ですが、社外の人と交流する機会がとても貴重だと感じますね。どうしても自分の身の回りの事ばかりに意識が行ってしまいますが、新しい考え方を教えて貰えることがあるのでそういった機会は逃さないようにしています。
要素技術開発部所属の山本氏 2011年入社
山本 哲郎 要素技術開発部所属
自分で勉強していること
大学では金属材料の基礎物性の研究をしており、理化工業で必要な電気回路やソフトの経験がありませんでした。しかし、現在プログラム作成などに携わり電気関係・ソフト関係の知識は必須となったので仕事を通じて基礎から勉強をしています。
経験のないことでも自ら動いて勉強をしていくことが必要だということを実感しています。
営業部所属の野島氏 2008年入社
野島 章広 本社営業部所属
営業の仕事とは?
ずばり、製品を販売してお金をいただくことです。一言で言うと簡単ですが、製品を売るためには、大変な努力が必要です。製品知識を学び、お客様がどんな仕事をしているのかを聞き、今お客様がどんなことに悩んでいるのか?どういったニーズを持っているのか?を、直接顔を合わせて話をする。そして問題が解決した時にお客様から「この間は助かったよ」、「是非また宜しくお願いします」などと御礼の御言葉をいただいたときに、とても達成感が得られる仕事です。
要素技術開発部所属の佐々木氏 2001年入社
佐々木 愛子 要素技術開発部所属
女性技術者から見た技術職場について
入社以来技術部門に所属し、製品の品質向上のための熱設計や、性能向上のための新たなアプローチとなる熱流体解析を担当しています。
学生時代は苦手な分野だったため、即戦力としての知識や経験はほとんどなく、入社してから学ぶことが多かったのですが、大学の教材やこれまでに培った人脈、ネットワークを活用することで、乗り越えることができた課題も多くありました。また、新しい分野へのチャレンジに前向きで、じっくりと研究できる環境はモチベーションの維持に重要なポイントだったと思います。

理化工業全体での女性従業員数は少なくはありませんが、女性技術者の数は少なく、所属部署では紅一点。技術部門全体でも数名しかいません。
それでも、これまで特別なストレスや疎外感、寂しさ等を感じることなく業務に打ち込んでこられたのは、会社全体としての技術に対する純粋な向上心と、分け隔てなく社員の成長を温かく見守り支援してくれる社風のおかげだと思っています。
また、他部門の女性社員との交流もしやすいので、孤独だと感じることもありません。

女性が仕事を長く続けることを考えるときに気になるのが、仕事と家庭の両立ですが、私自身、結婚・出産を経験し、育児をしながら仕事に復帰することができ、大変であっても充実した幸せな暮らしができています。
この点については特に、会社の対応に感謝しています。
出産・育児に対する一般的な制度があるのはもちろんのこと、
 ・先輩社員の利用実績が多数あること
 ・制度の利用を会社側から勧めてくれたこと
 ・所属部署・関係者の理解と協力があること
上記3点に関しては、なかなかデータとして表に出ないものですが、とても強力なバックアップになっています。

開発設計部所属の木村氏 2006年入社
木村 康二 開発設計部所属
Q1: 現在の仕事の内容は?
現在、理化工業オリジナル製品の開発する部署に所属しています。
具体的な仕事の内容は、製品仕様の構想、部品の選定、回路設計、ソフト設計、確認試験など製品ができるまでのプロセスを一通り担当しています。知識が増えていく楽しさと、「ものづくりの面白さ」をとても実感しています。

Q2: 入社の決め手になったことは?
創業70年の実績と、安定した会社体制に魅力を感じました。
また、製品構想から販売まで一貫して自社で行っているところが面白そうだと思いました。
職場の雰囲気が暖かかったのもよかったです。

Q3: 大学で学んだことで仕事に一番役立っていることは?
技術的な面では、C言語や回路知識など様々な基本知識が役に立っています。
また、仕事を進めていく中で、難しい問題が多々でてきますが、建設的な考え方など様々な考え方を学べたのも役に立っているのではないかと思います。

開発設計部所属の二梃木氏 2005年入社
二梃木 真彦 開発設計部所属
Q1: 現在の仕事の内容は?
温度調節計の開発設計を行っています。一言で開発設計と言っても作業内容は多岐にわたります。
ハードウェア(電気回路)設計、ソフトウェア設計、製品サンプル作成の為の部材調達、製品の品質確認試験等、製品を作りはじめるところから完成までの流れを一通り行うので、大変ではありますが、やりがいも大きいと思います。
電気回路にしても、ソフトウェアにしても、自分が手がけた部分が思ったとおりに動作した瞬間は感動ものです。

Q2: 入社の決め手になったことは?
大学時代に電気工学を学び、大学4年では計測関係の研究室に入ったので、それらの経験を活かせる会社に興味がありました。
計測という分野も沢山の会社がありますが、その中でも理化工業は「温度制御」という分野に絞った事業展開をしています。
1つのことをトコトン掘り下げて、それを極めようというスタンスに惹かれました。

Q3: 大学で学んだことで仕事に一番役立っていることは?
電気回路やプログラム言語等の基礎知識です。しかし入社してからは分からない事だらけで、上司や周りの先輩方に聞いたり、自分で調べたりしながら、今もできることを1つずつ増やしている最中です。

開発設計部所属の秋山氏 2005年入社
秋山 裕 開発設計部所属
Q1: 現在の仕事の内容は?
私は、現在、機構設計に所属しています。そこで、温度調節計の筐体の設計を担当しています。内容としては、前面部分の温度調節計のデザインや温調計のケースや配線の端子部分の設計など多岐にわたっています。
仕事の魅力としては、機構設計の場合、自分が担当したものが実際に形になって現れる点が魅力だと思います。
ちなみに、私の勤務地は茨城工場なので、製造の方々と協力しながら、ものを作っていくことにもやりがいを感じています。

Q2: 入社の決め手になったことは?
理化工業を知ったきっかけは、就職担当の教授の紹介です。会社訪問など通じて、理化工業の仕事内容や会社の雰囲気がよかったので入社を決めました。

Q3: 大学で学んだことで仕事に一番役立っていることは?
大学で学んだ基本的なことが役にたっていると思います。しかし、会社に入って、上司や先輩から教わったりすることの方が多いです。そういった点から、大学では、常に勉強し続ける点と、互いに教えたり教わったりする人間関係を作ることや、何でも自分で試行錯誤しながらやってみることの大切さを教わった気がします。
それから、大学ではないですが、高校のときラグビーをやっていたので、体力が一番役に立っていると思います。

品質保証部所属の黒川氏 2006年入社
黒川 慎也 品質保証部所属
Q1: 現在の仕事の内容は?
品質保証部で製品や部品の品質に関して、あらゆる不具合を未然に防止するために分析や試験を行っています。
お客様に安心して御使用いただける商品をつくるために、品質の向上を目指した色々な業務を行う部門です。
主に温度調節計の入力となる温度センサの品質保証を担当しています。

Q2: 入社の決め手になったことは?
創業以来半世紀以上にわたり「RKC」ブランドで社会貢献している実績があり、技術開発、商品設計から資材調達、製造、営業、出荷、サ−ビスに至るまですべて自社で行っていることに魅力を感じました。

Q3: 大学で学んだことで仕事に一番役立っていることは?
電気に関しての基本的な知識とパソコンの使い方です。
大学で学んだことをそのまま活かせることは少なく、仕事で学んだ知識・知恵がほとんどだと思います。
また、仕事を通じて大学時代に学ばなかった他分野(化学、材料力学等)の知識も必要に感じることもあります。

要素技術開発部所属の奥山氏 2006年入社
奥山 武士 要素技術開発部所属
Q1: 現在の仕事の内容は?
現在、温調計の熱設計や、温度センサーの開発(機構関連)を担当しています。熱設計では汎用熱流体シミュレーションソフトを使って、部品の温度上昇、計器内部の温度上昇を予測し、熱対策を行います。
また、温度センサーの開発では主に機構部分を担当し、より使いやすく、デザインも考慮した製品を目指して業務を行っています。

Q2: 入社の決め手になったことは?
学校主催の合同セミナーで温調計のトップメーカーである理化工業を知りました。そして、私の研究室が伝熱工学という事もあり、温度に興味を持っていたのがきっかけです。そして、温調計を調べていくうちに、身の回りの物ほとんどが温度制御なしには作れない事を知り、社会に貢献できると感じたからです。

Q3: 大学で学んだことで仕事に一番役立っていることは?
大学で学んできた伝熱工学が熱設計に役に立っていますが、入社してからの知識や技術がほとんどです。
それより、研究室での生活(研究の進め方、先輩後輩との関わり方、お酒の飲み方など)が役に立っていると思います。

要素技術開発部所属の秋保氏 2005年入社
秋保 啓介 要素技術開発部所属
Q1: 現在の仕事の内容は?
今はあるお客様に向けて、理化工業オリジナル製品にカスタム機能を入れていく仕事をしています。
機能の仕様検討、現製品ソフトへの追加・修正、機能動作の検証試験など、一通りのことをやります。
「様々なお客様に細やかな対応ができる」という、理化工業らしい仕事の一つとして面白さを感じています。


Q2: 入社の決め手になったことは?
私はハードにもソフトにも興味があり、大規模の会社でなくとも業界では世界レベルという環境で、技術者として色々なことができる点に魅力を感じました。
会社見学の場や面接で対応して頂いた方々から、会社の雰囲気の良さが感じられたことも、私を後押しする材料でした。

Q3: 大学で学んだことで仕事に一番役立っていることは?
電気・電子工学一般の知識です。ハードを理解するための基礎となり、回路設計をする際に役立ちました。
他にも制御工学や電磁波工学など、興味をもって幅広く勉強していたことが今に繋がっていると感じます。
しかし、それらはあくまで「基礎」で、入社後の実作業から実践的なことが身に付いてきます。
仕事を通じて興味をもったことから、知識の幅を広げていけると良いと思います。