RKC 理化工業株式会社 プロセス/温度計測・制御機器 プロセス/温度センサ 青丸マーク お問い合わせ 青丸マーク サイトマップ
スペース スペース
ホームページ 会社概要 製品情報 ダウンロード リクルート Shop RKC



製品に関するFAQ

青丸マーク 樹脂圧力センサを取り外す際の注意点について教えてください [FAQ 0043]
Answer :
 樹脂圧力センサ(CZ-100P, CZ-200P)を取り外す際は、下記の点に注意願います。
  • 取り外しは、必ず樹脂が溶融している時に行ってください。
    樹脂が固化してしまうと、取り外しの際、ダイヤフラムに損傷を与えることがあります。

  • 取り外しは、取り付け時と同じ温度で行ってください。異なる温度状態での取り外しは、ネジかじりの原因になります。

  • 導圧管と取付穴のすきまに樹脂が流入してしまったとき、ネジ部のかみ合わせが完全に外れていても、圧力センサが抜けないことがあります。この場合、引き抜き機械等で無理に引き抜かないでください。センサが抜けた際、衝撃が加わり、ダイヤフラム等に損傷を与え、精度不良を起こします、圧力センサの取り外しは、できるだけ徐々に引き抜き、衝撃が加わらないよう注意してください。

  • 受圧部(ダイヤフラムおよびその周辺)に付着した樹脂は、受圧部側面をバーナーなどで軽くあぶり、樹脂を溶かして取り除いてください。このとき、受圧部を400℃以上に上げないでください。また、受圧部には絶対傷を付けないように注意してください。
    ダイヤフラムの破損や樹脂漏れの原因になります。

戻る













戻る