通信設定・モニタツール
 FBシリーズ用 通信設定・モニタツール 
従来のWinSCIは、使用する目的に合わせてコンフィグレーションファイルを編集し使用する形式を採った柔軟性を重視した通信ツールです。
新たにご紹介する通信設定・モニタツール(WinUCI)は、通信機能を手軽にご利用して頂くための通信ツールです。

モニタツールで温度データ管理を手軽に実現 (WinUCI-A)
最大8000件の温度データロギング、トレンドグラフ表示、イベント履歴ログが可能です。
全てのデータは、CSV形式のファイルに変換できますので、Excel等を利用したデータ管理も可能です。

※記載内容は、改良のため予告無く変更になる場合があります。

通信機能モニタツールの説明図
<<モニタツールメニュー>> <<通信モニタツール設定の項目>>
 運転モニタ  通信パラメータ設定
 テーブルモニタ  通信対象設定
 ★アラーム履歴  機能設定
 ★データロギング・トレンドモニタ  通信テスト

通信変換器 COM-K ローダ通信使用時の注意
ローダ通信中(ローダ通信ケーブル接続中)は温度調節計の電源をONまたはOFFさせないでください。
誤って温調計の電源をONした場合は、こちらをご参照願います。com_k_caution.pdf

●ソフトウェア動作環境について
Windows 98SE/2000/XP
XGA(1024×768)表示以上、フォントサイズは「小さいフォント(Windows98SE/2000のみ)」に対応

ダウンロードはClub RKCよりお願いします。 Club RKC
ダウンロードは、 ClubRKCよりお願いします。

設定ツールで計器データのコピーを手軽に実現 (WinUCI-B)
計器内の全データをまとめて一つのファイルに変換してパソコンに読み込みできます。
メンテナンス時・計器交換時のデータ移行に非常に便利です。
※計器のハード仕様が一致している事が必須となります。
設定ツールの説明図
●電源OFFでも使用可能 (FBシリーズのみ)
USB電源(バスパワー)で動作するため、FB900/400は、本体の電源配線なしでも使用できます。
※専用変換器(COM-K)本体もUSB電源で駆動します。

通信設定ツールで効率化
通信設定ツールで手軽にメンテナンス

通信変換器 COM-K ローダ通信使用時の注意
ローダ通信中(ローダ通信ケーブル接続中)は温度調節計の電源をONまたはOFFさせないでください。
誤って温調計の電源をONした場合は、こちらをご参照願います。com_k_caution.pdf

●ソフトウェア動作環境について
Windows 98SE/2000/XP
XGA(1024×768)表示以上、フォントサイズは「小さいフォント(Windows98SE/2000のみ)」に対応

ダウンロードはClub RKCよりお願いします。 Club RKC
ダウンロードは、 ClubRKCよりお願いします。

会社概要 What's New! プレスリリース 製品特集 製品案内 温度制御の手引き 用語の便利帳 展示会情報
ホームページ
求人情報 カタログ請求 資材調達 技術解説 ダウンロード English Page 中文カタログ リンク サイトマップ
戻る 理化工業株式会社
RKC INSTRUMENT INC.
モニタ画面例へ